絶対に喜ぶ!新しい切手の使い方!

新しい切手をもらうと嬉しい

毎月郵便局では新しい切手が何種類も発売されています。もちろんこうした切手を手紙や絵葉書に張って送るとお友達に喜ばれますが、他にも喜ばれる切手の使い方があります。
まず、切手シート自体をプレゼントにすることが挙げられます。文通相手などに手紙に同封して切手シートを送ってあげると相手の切手代の負担を減らすこともでき経済的です。また、お子さんに切手シートをプレゼントして手紙を書く楽しさを教えても良いかもしれません。また、外国のお友達に切手を送って、小さな日本文化を紹介しても良いでしょう。
珍しい切手シートは使わずにコレクションしておくこともできます。地域限定の切手やキャラクター切手など、切手収集には楽しみがたくさんあります。切手が好きな家族や友達にプレゼントしても良いですね。

新しい切手の意外な使い方

新しい切手の使い方はお友達や遠く離れた兄弟・親戚を喜ばせるだけではありません。懸賞ハガキを送るときなどに貼るとほかのハガキとの差別化を図ることができ、当選確率も上がるかもしれません。切手シートは大きなものは上乗せした価格が付いていますが、細長いサイズのものであれば各10枚で520円、820円でさまざまなバリエーションのものが売られています。
あまり手紙を送らない人は切手を買取してもらって現金化することを考えてみても良いかもしれません。もちろん通常のデザインのものよりも色々な絵が付いたもののほうが買取での価値が高いです。切手は古いものが価値があると思われがちですが、新しいものでも限定商品など付加価値が高いものは高価買取を期待できます。