見かけたらいいことあるかも?レアな切手!

その切手、額面以上の価値が!

葉書や郵便でお世話になる切手ですが、実は額面以上の価値がある切手が存在するのです。切手コレクターにとってはレアな切手は大変価値のある物で高値で取引されている現実があります。
例えば、一定の期間にのみ販売された切手です。市場に出回った数が少ないという点が額面以上の価値を生み出しているのです。また、何かを記念して出された切手にもプレミア価格が付いています。他にも古い切手の中には希少性から額面以上の価格を付ける物が存在します。ただし、古いから価値がある、記念切手だからプレミア価格が付いているというわけでも無いので、正しい価値を知りたいのであれば専門に取り扱っている店などで鑑定してもらうのが良いでしょう。

まだまだある価値ある切手

切手にプレミア価格が設定される場合がある事は先に述べたとおりですが、実は一見普通の切手であっても額面以上の価値をはじき出している物が存在しているのです。古い切手でもありませんし、なんと現在使用されている切手であってもです。それが何かというとエラー切手です。
エラー切手とは切手を生産する段階で本来ならば弾かれているはずの不良品がどういうわけか市場に出回ってしまったという物で、あまり見かけることもなければ市場に出回る機会がまず無いのです。コレクターにとって大きな魅力であり高い価値を生み出しているのです。そんなエラー切手ですが、もし持っているのであれば偽物も出回っているので鑑定してもらい確かな価値を調べて見てはいかがでしょうか。