実はたくさんある?切手の種類!

切手は大きく分けると3種類になりますが

切手は郵便局でいつでも買う事が出来る普通切手、切手趣味週間シリーズや国際文通趣味週間シリーズ、ふるさと切手などのようにシリーズ化が行われている特殊切手、東京オリンピックや万国博覧会、天皇即位やご成婚記念などをお祝いして発行が行われる記念切手などの3つの種類があります。
年賀切手などは特殊切手や記念切手の何れかに含まれるのですが、切手には色々な種類があり、そのベースとなるのが普通切手、特殊切手、記念切手の3つになるのです。
因みに、日本の切手の中には戦争中の兵士などのために印刷が行われた軍事切手や日本占領地正刷切手、航空切手などの種類があり、何れも現存している数が少ないため、買取り価格が高額になる事も珍しくありません。

この切手の価値を知りたい!

切手の価値は年々下がっている、切手を売っても切手に記されている金額の半額以下になる事も多い、お店によっては希少価値を持つもの以外は買取りしてくれないなどと言われています。
しかし、切手の種類毎に買取り店を選ぶ、切手の種類に関係なく買取りしてくれるお店を選ぶ事で、売れないと思われた記念切手もちゃんと売却する事が出来ますし、プレミアが付いている切手が含まれている場合は買取り価格が高額になる事もあるのです。
因みに、切手ブーム以降の記念切手は買取りして貰えたとしても額面の半額以下になってしまうと言いますが、切手を幅広く買取りするお店などでは額面の3~4割と言う金額で買取りしてくれる所もあるのです。
そのため、インターネットを利用して買取りしてくれるお店を比較しておく事が大切なのです。